疾患詳細

疾患詳細





211480
Buerger disease
(Thromboangitis obliterans; TAO)

ビュルガー病, バージャー病
(閉塞性血栓性血管炎)
指定難病47 バージャー病

遺伝形式:常染色体劣性

(症状)
【四肢】冷たい四肢
 Raynaud 現象
 多汗
 疼痛
 跛行
【皮膚】静脈弁上の赤く隆起した領域
 指趾潰瘍
 固い皮膚
【爪】爪ジストロフィー/低形成

<指定難病47 バージャー病>
1.概要
 閉塞性血栓血管炎とも呼ばれ, 四肢の主幹動脈に閉塞性の血管全層炎を来す疾患である。特に下肢動脈に好発して, 虚血症状として間欠性跛行や安静時疼痛, 虚血性皮膚潰瘍, 壊疽(特発性脱疽とも呼ばれる)を来す。また, しばしば表在静脈にも炎症を来し(遊走性静脈炎), まれに大動脈や内臓動静脈にも病変を来す。従前「ビュルガー病」と呼ばれていた。
 
2.原因
 特定のHLA(human leukocyte antigen)と本症発症の関連性が強く疑われており, ある遺伝性素因に何らかの刺激が加わると発症するとの説が有力であるが, 原因はいまだ不明である。発症には喫煙が強く関与しており, 喫煙による血管攣縮が誘因になると考えられている。最近の疫学調査では患者の93%に明らかな喫煙歴を認め, 受動喫煙を含めるとほぼ全例が喫煙と関係があると考えられるが, 発症の機序は不明である。歯周病との関連が疑われ, 検討が行われている。
 
3.症状
 四肢主幹動脈に多発性の分節的閉塞を来すため, 動脈閉塞によって末梢の虚血の程度に応じた症状を認める。虚血が軽度の時は, 冷感やしびれ感, 寒冷暴露時のレイノー現象を認め, 高度となるに従い間欠性跛行や安静時疼痛が出現し, 虚血が最も高度となると, 四肢に潰瘍や壊死を形成して特発性脱疽と呼ばれる状態となる。
また, 爪の発育不全や皮膚の硬化, 胼胝を伴い, わずかな刺激で難治性の潰瘍を形成する。最近増加している閉塞性動脈硬化症と同様な症状であるため, 鑑別診断に注意を要する。
 
4.治療法
 受動喫煙を含め, 禁煙を厳守させることが最も大切であり, このために適切な禁煙指導を行う必要がある。また患肢の保温, 保護に努めて靴ずれなどの外傷を避け, 歩行訓練や運動療法を基本的な治療として行う。
薬物療法としては抗血小板薬や抗凝固薬, プロスタグランジンE1製剤の静注などが行われる。重症例に対しては末梢血管床が良好であれば, バイパス術などの血行再建を行う。
血行再建が適応外とされる症例では, 交感神経節切除術やブロックが行われている。肝細胞増殖因子(hepatocyte growth factor , HGF)を用いた治療について検討が進んでいる。
 
5.予後
生命予後に関しては閉塞性動脈硬化症と異なり, 心, 脳, 大血管病変を合併することはないために良好であるが, 四肢の切断を必要とすることもあり, 就労年代の成年男性のQOL(quality of life)を著しく脅かすことも少なくない。

<指定難病診断基準>
Definite 1:本症発症時, 以下の(1)~(5)を満たし, 鑑別診断で他疾患が全て除外できる
Definite 2:本症発症時, 以下の(1)・(5)と, (3)と(4)のいずれかの計3項目以上を満たし, 鑑別診断で他疾患が全て除外できる。

(1)50歳未満の発症
(2)喫煙歴を有する
(3)膝窩動脈以下の閉塞がある
(4)動脈閉塞がある,叉は遊走性静脈炎の既往がある
(5)高血圧症,高脂血症,糖尿病を合併しない

注釈:女性及び喫煙歴が明らかでない患者では, 他疾患との鑑別をより厳密に行う

(鑑別診断)
1.閉塞性動脈硬化症
2.外傷性動脈血栓症
3.膝窩動脈補掟症候群
4.膝窩動脈外膜嚢腫
5.全身性エリテマトーデス
6.強皮症
7.血管ベーチェット病
8.胸郭出口症候群→胸郭上部での筋による血管,神経の圧迫による首や肩の凝り感, 腕のだるさやしびれ感
9.心房細動

(Note)
Buerger disease is occasionally observed in brothers (Samuel, 1932; McKusick and Harris, 1961) or in father and son (McKusick, unpublished observations). It also has a high frequency in some ethnic groups, e.g., Japanese and Koreans (McKusick and Harris, 1961). De Moerloose et al. (1979) found a deficiency of HLA-B12 in patients with Buerger disease (2.2% vs 28% in controls). Adar et al. (1983) presented evidence for cellular sensitivity to collagen in Buerger disease. This disorder may, like other autoimmune diseases, have a genetic predisposition without a direct 'cause' by a mutant gene.

Olin (2000) suggested that tobacco use plays a central role in the initiation and progression of Buerger disease.

Diehm and Stammler (2001) suggested that in addition to tobacco use, hyperhomocysteinemia (see 603174) may be an important factor in Buerger disease.

(文献)
(1) Samuel, S. S. : The incidence of thromboangiitis obliterans in brothers. Am. J. Med. Sci. 185: 465-467, 1932
(2) McKusick, V. A.; Harris, W. S. : The Buerger syndrome in the Orient. Bull. Johns Hopkins Hosp. 109: 241-291, 1961
(3) de Moerloose, P.; Jeannet, M.; Mirimanoff, P.; Bouvier, C. A. : Evidence for an HLA-linked resistance gene in Buerger's disease. Tissue Antigens 14: 169-173, 1979
(4) Adar, R.; Papa, M. Z.; Halpern, Z.; Mozes, M.; Shoshan, S.; Sofer, B.; Zinger, H.; Dayan, M.; Mozes, E: Cellular sensitivity to collagen in thromboangiitis obliterans. New Eng. J. Med. 308: 1113-1116, 1983
(5) Olin, J. W. : Thromboangiitis obliterans (Buerger's disease). New Eng. J. Med. 343: 864-869, 2000
(6) Diehm, C.; Stammler, F. : Thromboangiitis obliterans (Buerger's disease). (Letter) New Eng. J. Med. 344: 230 only, 2001

2017/07/09 指定難病のため