疾患詳細

疾患詳細



短頸, 関節拘縮, 固定された顔表情, 眼瞼下垂 (Copyright Center for Birth Defects Information Services, Inc.)

#255800
Schwartz-Jampel syndrome, type I (SJS1)
(Schwartz-Jampel syndrome; SJS)
(Myotonic myopathy, dwarfism, chondrodystrophy, and ocular and facial abnormalities )
(Schwartz-Jampel-Aberfeld syndrome)
(SJA syndrome)
(Chondrodystrophic myotonia)

Schwartz-Jampel 症候群 I 型 (SJS1)
(Schwartz-Jampel 症候群)
(筋強直性ミオパチー-小人症-軟骨ジストロフィー-眼および顔異常)
(Schwartz-Jampel-Aberfeld 症候群)
(軟骨ジストロフィー性筋緊張症)
(SJA 症候群)
指定難病33 シュワルツ・ヤンペル症候群
小児慢性特定疾病 神47 シュワルツ・ヤンペル(Schwartz-Jampel)症候群

責任遺伝子:142461 Heparan sulfate proteolycan of basement membrane (HSPG2) <1p36.1>
遺伝形式:常染色体劣性

(症状)
(GARD)
 <80%-99%>
 Abnormality of epiphysis morphology (骨端形態異常) [HP:0005930] [160003]
 Abnormality of the metaphysis (骨幹端異常) [HP:0000944] [160010]
 Arthrogryposis multiplex congenita (先天性多発性関節拘縮) [HP:0002804] [15100]
 Elevated aldolase level (アルドラーゼ上昇) [HP:0012544]  [01811]
 Elevated serum creatine kinase (血清クレアチニンキナーゼ上昇) [HP:0003236] [2045]
 EMG abnormality (筋電図異常) [HP:0003457]
 Everted lower lip vermilion (下口唇唇紅部外反) [HP:0000232] [05522]
 Full cheeks (大きな頬部) [HP:0000293] [0528]
 Gait disturbance (歩行障害) [HP:0001288] [028]
 Genu valgum (外反膝) [HP:0002857] [15112]
 Hip dysplasia (股関節異形成) [HP:0001385] [1140]
 Hypertonia (筋緊張亢進) [HP:0001276] [0241]
 Intellectual disability (知的障害) [HP:0001249] [0120]
 Joint stiffness (関節硬直) [HP:0001387] [15100]
 Low-set, posteriorly rotated ears (低位の後方回転した耳介) [HP:0000368] [09007] [09009]
 Metatarsus valgus (外反中足骨) [HP:0010508] [16056]
 Micromelia (小肢) [HP:0002983] [1501]
 Myotonia (筋緊張症, ミオトニア) [HP:0002486] [0279]
 Narrow mouth (狭い口) [HP:0000160] [0801]
 Pes planus (扁平足) [HP:0001763] [15601]
 Pursed lips (すぼめた口唇) [HP:0000205] [0554]
 Short stature (低身長) [HP:0004322] [0130]
 Skeletal dysplasia (骨格異形成) [HP:0002652] [16]
 Trismus (牙関緊急) [HP:0000211] [08001]
 Visual impairment (視力障害) [HP:0000505] [06011]
 
 <30%-79%>
 Abnormal eyebrow morphology (眉毛形態異常) [HP:0000534] [172]
 Abnormality of the pharynx (咽頭異常) [HP:0000600] [080]
 Abnormally ossified vertebrae (異常な脊椎骨骨化) [HP:0100569] [161509]
 Blepharophimosis (眼瞼裂狭小) [HP:0000581] [0670]
 Cataract (白内障) [HP:0000518] [0640]
 Coxa valga (外反股) [HP:0002673] [15110]
 Coxa vara (内反股) [HP:0002812] [15109]
 Flat face (平坦な顔) [HP:0012368] [0413]
 Flexion contracture of toe (趾の屈曲拘縮) [HP:0005830] [15100]
 Erythema nodosum (結節性紅斑) [HP:0012219] [18008]
 High pitched voice (高音の声) [HP:0001620] [02360]
 Hip contracture (股関節拘縮) [HP:0003273] [15100]
 Hyperlordosis (前弯) [HP:0003307] [161501]
 Hyporeflexia (低反射) [HP:0001265] [0242]
 Kyphosis (後弯) [HP:0002808] [161500]
 Mask-like facies (仮面様顔貌) [HP:0000298] [0411]
 Micrognathia (小顎) [HP:0000347] [05401]
 Myopathy (ミオパチー) [HP:0003198] [0277]
 Myopia (近視) [HP:0000545] [06006]
 Osteoporosis (骨粗鬆症) [HP:0000939] [160015]
 Overfolded helix (耳輪の過剰な巻き込み) [HP:0000396] [090082]
 Pectus carinatum (鳩胸) [HP:0000768] [1105]
 Platyspondyly (扁平脊椎) [HP:0000926] [161505]
 Prominent nasal bridge (目立つ鼻梁) [HP:0000426] [0706]
 Ptosis (眼瞼下垂) [HP:0000508] [06807]
 Scoliosis (側弯) [HP:0002650] [161502]
 Short neck (短頸) [HP:0000470] [1001]
 Shoulder flexion contracture (肩屈曲拘縮) [HP:0003044] [15100]
 Skeletal muscle hypertrophy (骨格筋肥大) [HP:0003712] [0276]
 Spinal rigidity (脊椎強直) [HP:0003306] [161516]
 Strabismus (斜視) [HP:0000486] [06610]
 Weak voice (弱い声) [HP:0001621] [0232]
 Wrist flexion contracture (手屈曲拘縮) [HP:0001239] [15100]
 
 <5%-29%>
 Abnormality of immune system physiology (免疫系異常) [HP:0010978] [2209]
 Abnormality of the ribs (肋骨異常) [HP:0000772] [1612]
 Abnormality of the ureter (尿管異常) [HP:0000069] [132]
 Abnormally straight spine (異常に真っ直ぐな脊柱) [HP:0100795] [161510]
 Anxiety (不安) [HP:0000739] [02201]
 Aplasia/Hypoplasia affecting the eye (眼無形成/低形成) [HP:0008056] [06605]
 Apnea (無呼吸) [HP:0002104] [01600]
 Arrhythmia (不整脈) [HP:0011675] [01700]
 Attention deficit hyperactivity disorder (注意欠陥多動性障害) [HP:0007018] [02204]
 Blepharospasm (眼瞼スパスム) [HP:0000643] [06806]
 Cachexia (悪液質) [HP:0004326] [18045]
 Cleft palate (口蓋裂) [HP:0000175] [0820]
 Death in infancy (乳児期死亡) [HP:0001522] [0114]
 Decreased testicular size (小さな精巣) [HP:0008734] [14014]
 Delayed skeletal maturation (骨成熟遅滞) [HP:0002750] [160001]
 Dental malocclusion (不正咬合) [HP:0000689] [08300]
 Distichiasis (二列睫毛) [HP:0009743] [1735]
 Dysphonia (発声困難) [HP:0001618] [02371]
 Ectopia lentis (異所性水晶体) [HP:0001083] [0641]
 Elbow dislocation (肘脱臼) [HP:0003042] [15101]
 Feeding difficulties in infancy (哺乳障害, 乳児期) [HP:0008872] [01411]
 Generalized hirsutism (全身性多毛) [HP:0002230] [17112]
 Hypertelorism (両眼開離) [HP:0000316] [06607]
 Increased bone mineral density (骨濃度増加) [HP:0011001] [160016]
 Increased number of teeth (過剰歯) [HP:0011069] [08300]
 Inguinal hernia (鼠径ヘルニア) [HP:0000023] [1201]
 Irritability (被刺激性) [HP:0000737] [01418]
 Laryngomalacia (喉頭軟化症) [HP:0001601] [1011]
 Long eyelashes in irregular rows (不規則な列の長い睫毛) [HP:0007740] [1731]
 Long philtrum (長い人中) [HP:0000343] [0530]
 Low anterior hairline (低い前頭部毛髪線) [HP:0000294] [17107]
 Malignant hyperthermia (悪性高体温) [HP:0002047] [01413]
 Microcephaly (小頭) [HP:0000252] [03013]
 Microcornea (小角膜) [HP:0000482] [0627]
 Muscle weakness (筋力低下) [HP:0001324] [0270]
 Myalgia (筋痛) [HP:0003326] [01420]
 Nephrolithiasis (腎結石) [HP:0000787] [13010]
 Odontogenic neoplasm (歯源性新生物) [HP:0100612] [2335]
 Pectus excavatum (漏斗胸) [HP:0000767] [1106]
 Polyhydramnios (羊水過多) [HP:0001561] [01008]
 Prenatal movement abnormality (出生前運動異常) [HP:0001557] [01004]
 Protrusio acetabuli (寛骨臼突出) [HP:0003179] [1143]
 Pulmonary arterial hypertension (肺高血圧) [HP:0002092] [01609]
 Respiratory insufficiency (呼吸不全) [HP:0002093] [01606]
 Skeletal muscle atrophy (骨格筋萎縮) [HP:0003202] [0270]
 Sprengel anomaly (Sprengel 奇形) [HP:0000912] [11031]
 Talipes equinovarus (内反尖足) [HP:0001762] [15600]
 Testicular torsion (精巣捻転) [HP:0100813] [14019]
 Umbilical hernia (臍ヘルニア) [HP:0001537] [1201]
 Wormian bones (ウォルム氏骨) [HP:0002645] [160111]
 
 
 Abnormality of femoral epiphysis (大腿骨骨端異常) [HP:0006499] [160003]
 Anterior bowing of long bones (長管骨の前方湾曲) [HP:0006473] [1505]
 Autosomal recessive inheritance (常染色体劣性遺伝) [HP:0000007]
 Congenital hip dislocation (先天性股関節脱臼) [HP:0001374] [15111]
 Coronal cleft vertebrae (脊椎骨冠状裂) [HP:0003417] [161504]
 Joint contracture of the hand (手の関節拘縮) [HP:0009473] [15100]
 Kyphoscoliosis (後側弯) [HP:0002751] [161500] [161502]
 Low-set ears (耳介低位) [HP:0000369] [09007]
 Lumbar hyperlordosis (腰椎前弯) [HP:0002938] [161501]
 Malar flattening (平坦な頬部) [HP:0000272] [05200]
 Metaphyseal widening (幅広い骨幹端) [HP:0003016] [160010]
 Narrow palpebral fissure (狭い眼瞼裂) [HP:0045025] [0670]

(UR-DBMS)
【一般】*低身長 (出生後) (10パーセンタイル未満) (3例を除く全例)
 精神遅滞 (25%)
【神経】*ミオトニア
 筋肥大
 筋力低下, 筋力低下
 反射低下
【顔】出生時は正常な顔貌→1-3歳で臨床的にわかる
 *悲しげな固定した顔貌, 平坦な顔貌, 大きな頬部
 とがった口唇 (口周囲筋の拘縮)
 小顎
【眼】眼瞼裂狭小, 眼瞼裂狭小
 近視 (50%)
 白内障
 小角膜
 *間歇性片側性眼瞼下垂
【耳】耳介低位, 耳介の巻き込み
【口】小口
 高口蓋
【頸部】毛髪線低位, *短頸
【胸郭】鳩胸
 腸骨基部短縮 + 寛骨臼低形成
【体幹】臍ヘルニア, 鼠径ヘルニア
【骨盤】股関節 拘縮 (第16か月以内)
 内反股, 外反股, 先天性股関節脱臼
【四肢】*関節拘縮 (肘, 膝, 肩, 手関節, 指趾) / 関節腫大
 内反尖足, 扁平足
【X線】骨粗鬆症
 骨年齢遅延
 扁平脊椎
 後弯, 後側弯, 腰部前弯
 脊椎骨冠状裂
 大腿骨骨端断片化
 平坦な大腿骨骨端
 骨幹端拡大, 細い骨幹
 長管骨の前方湾曲
【毛髪】長い睫毛 (不規則な列)
 全身性多毛
【検査】(筋電図) 安静時の連続性の筋線維活性
 真性のミオトニアではない (クラーレで連続性反復性放電はなくなるから)
【その他】乳児期に発症する進行性疾患である
 思春期中部までに最重度の関節拘縮となる
 麻酔時合併症 (小口による挿管困難、悪性高体温症のリスク)

【一般】運動発達遅滞
 流涎, 冷たい液体で窒息
 悪性高体温
【神経】小さく高い声音, 不明瞭な発語
 歩行障害, 筋硬度増加
 小さな筋, ミオトニア性ミオパチー
【頭】正常頭
 幅広い頭蓋縫合
【顔】小さな顔
 つまんだようなまたは凍った笑み
【眼】視力障害, 小眼球, 両側性偽眼瞼下垂
 内眼角外方偏位
【口】牙関緊急
【性器】小さな精巣
【四肢】両側性手根管
【X線】ウォルム氏骨
 湾曲した大腿骨 / 脛骨
 (頸椎後弯)
【毛髪】二重または三重列睫毛
【検査】一過性の乳糖尿

<小児慢性特定疾病 神47 シュワルツ・ヤンペル(Schwartz-Jampel)症候群>
概要
シュワルツ・ヤンペル(Schwartz-Jampel)症候群は, 別名, 軟骨異栄養性筋強直症と称され, ミオトニア症状と軟骨異常を伴う遺伝性疾患で, 生命予後は良いが成長と共に日常生活動作が障害される。顔面筋の緊張のため眼裂は狭小となり, 口を尖らせた特長的な顔貌を呈する。骨格異常としては, 低身長, 大関節の屈曲拘縮等が認められる。この疾患では, 骨格異常とミオトニアという特異な臨床症状の組み合わせが知られていた。ミオトニアとは, 筋の持続収縮, 弛緩障害を意味し, 通常筋原性の症状を指すが, 本疾患におけるミオトニアは, 筋緊張性ジストロフィーや, 先天性ミオトニア等で観察されるミオトニアとは異なった特徴を持つため病因遺伝子の発見とその分子機構解明が待たれていた。
疫学
本邦での疫学調査はなく, パールカン変異を確定した患者数は不詳であるが海外からの報告数は100を数える。
原因
SJSはパールカン(HSPG2)遺伝子変異疾患であることが示された(Nicole et al. Nature Genetics,2001 , Arikawa-Hirasawa et al Am.J.Hum Genet. 2002)。筋の自発持続収縮によるミオトニアと軟骨異形性による骨格病変を主症状とする。申請者らはパールカンが, アセチルコリンエステレースを神経筋接合部に局在させる必須分子であることを示した(Nature Neuroscience 2002)。これらの研究成果により, SJSの原因遺伝子が初めて解った。
症状
患児は一般に出生時には明らかな症状を認めず乳児期以降, 低身長や特徴的な顔貌に気付かれ, 3才位までに診断される。顔面筋の緊張のため眼裂は狭小となり, 口を尖らせた仮面のような顔貌を呈する。筋の自発持続収縮によるミオトニアと骨格病変を主症状とする。本疾患で観察されるミオトニアは, 持続性, 全身性に出現し, 筋電図上も静止時に複合反復放電(complex repetitive discharge)と称される特徴的な所見を示す。骨格異常としては, 低身長, 大関節の屈曲拘縮, 脊椎の後湾が認められる。X線所見にて, 扁平椎体, 骨端, 骨幹端異形成が見られるが, 骨端, 骨幹端異形成は大関節に限られる。大腿骨頭の変化は比較的強く, 内反股を認めることがある。
合併症
合併症としては, 小眼症, 白内障, 斜視, 眼振等の眼症状がある。高口蓋, 低位耳介等の小奇形もしばしば合併する。
治療法
効果的対症療法, 根治療法が確立していない。対症療法として眼瞼痙攣にボツリヌストキシンを使用した報告(J Craniofac Surg. Jul 2006;17(4):656-660.)がある。
診断方法
I.主要臨床症状
1. 特徴的な顔貌(眼裂狭小, 口を尖らせ仮面様)
2. ミオトニア(持続性, 全身性)
3. 低身長
4. 骨・関節病変(大関節の屈曲拘縮, 脊椎後弯, 骨幹端異形成など)
II.重要な検査所見
1. 遺伝子解析(パールカンHSPG2遺伝子変異)
2. 針筋電図での複合反復放電
III.その他の所見
3. 眼病変(白内障, 斜視, 小眼球)
4. 呼吸障害
I.の全てとII.の どちらかを満たす時, 本症と診断する
当該事業における対象基準
神経A
運動障害, 知的障害, 意識障害, 自閉傾向, 行動障害(自傷行為又は多動), けいれん発作, 皮膚所見(疾病に特徴的で, 治療を要するものをいう。), 呼吸異常, 体温調節異常, 温痛覚低下, 骨折又は脱臼のうち一つ以上の症状が続く場合

<指定難病33 シュワルツ・ヤンペル症候群>
概要
 シュワルツ・ヤンペル(Schwartz-Jampel)症候群(SJS)は, 別名, 軟骨異栄養性筋強直症と称され, ミオトニア症状と軟骨異常を伴う遺伝性疾患で, 生命予後は良いが成長と共に日常生活動作が障害される。
 顔面筋の緊張のため眼裂は狭小となり, 口を尖らせた特長的な顔貌を呈する。
 骨格異常としては, 低身長, 大関節の屈曲拘縮等が認められる。この疾患では, 骨格異常とミオトニアという特異な臨床症状の組み合 わせが知られていた。
 ミオトニアとは, 筋の持続収縮, 弛緩障害を意味し, 通常筋原性の症状を指すが, 本疾患におけるミオトニアは, 筋緊張性ジストロフィーや, 先天性ミオトニア等で観察されるミオトニアとは異なった特徴を持つため病因遺伝子の発見とその分子機構解明が待たれていた。
 SJS は, 1997 年に Giedion らにより臨床型から 1A, 1B, 2 型に分類されていた。1A と 1B は重症度によっ て分類されていたが, 明確な区分は難しい。筋症状と骨, 軟骨異常を合併し, 乳児期致死を呈する 2 型は, 現在では leukemia inhibitory factor receptor(LIFR)遺伝子変異に起因する Stuve-Wiedemann 症候群と同一 の疾患とされている。

142461 Heparan sulfate proteolycan of basement membrane (HSPG2) <1p36.1>
 →(1) Schwartz-Jampel syndrome, type 1 (255800)
  (2) Dyssegmental dysplasia, Silver-Handmaker type (224410)
151443 Leukemia inhibitory factor receptor (LIFR) <5p13.1> → Stuve-Wiedemann/Schwartz-Jampel type 2 syndrome (601559) 
原因
 2000 年代に入り, SJS はパールカン(perlecan: HSPG2)遺伝子変異疾患であることが示され, また同時に, パールカンが, アセチルコリンエステレースを神経筋接合部に局在させる必須分子であることが示されたが, 発症の機序は不明である。
症状
 一般に出生時には明らかな症状を認めず乳児期以降, 低身長や特徴的な顔貌に気付かれ, 3才位までに診断される。顔面筋の緊張のため眼裂は狭小となり, 口を尖らせた仮面のような顔貌を呈する。筋の自発持続収縮によるミオトニアと骨格病変を主症状とする。
 本疾患で観察されるミオトニアは, 持続性, 全身性に出現し, 筋電図上も静止時に複合反復放電(complex repetitive discharge)と称される特徴的な所見を示す。骨格異常としては, 低身長, 大関節の屈曲拘縮, 脊椎の後湾が認められる。X 線所見にて, 扁平椎体, 骨端, 骨幹端異形成が見られるが, 骨端, 骨幹端異形成は大関節に限られる。大腿骨頭の変化は比較的強く, 内反股を認めることがある。
治療法
 効果的対症療法, 根治療法が確立していない。
予後
 合併症としては, 小眼症, 白内障, 斜視, 眼振等の眼症状がある。高口蓋, 低位耳介等の小奇形もしばしば合併する。

<指定難病診断基準>
Definite, Probableを対象とする。
○シュワルツ・ヤンペル症候群1型診断のカテゴリー
・Definite
 ①に加え, ③又は④を認める。
・Probable
 ①②を認める。

①顔面を含むミオトニーを認める。1)あるいは2)。
 1)臨床的にミオトニ一現象(筋強直現象)を認める。
   眼輸筋の収縮による眼裂狭小を認める。
   口輪筋の収縮による口を尖らせた表情をとる。
 2)針筋電図で連続的な自発性活動電位を認める。
   低振幅で漸減がなく長く持続する特異なミオトニー放電である。
②下記の何れかの骨格異常を認める。
 低身長,
 大関節の屈曲拘縮,
 小胸郭,
 脊椎の後わん,
 扁平椎,
 骨端,
 骨幹端異形成
③筋生検の免疫染色等でパールカンタンパク質の欠損を認める。
 (参考:筋病理所見は筋線維の大小不同, 内在核増生等非特異的なミオパチー様所見をとる。径の大小不同は主にタイプ1線維に認められる。)
④パールカン遺伝子に変異を認める。

参考事項
・発症は幼少期。多くは 3 歳位までに気付かれる。
・時に下記の小奇形を合併する。
  小眼球,
  小顎症,
  耳介低位,
  毛髪線低位
 Schwartz-Jampel 症候群は, 1997 年に Giedion らにより臨床型から 1A, 1B, 2 型に分類されていた。1A と 1B は重症度によって分類されていたが, 明確な区分は難しい。筋症状と骨, 軟骨異常を合併し, 乳児期致死を呈する 2 型は, 現在では leukemia inhibitory factor receptor(LIFR)遺伝子変異に起因する Stuve-Wiedemann 症候群と同一の疾患とされている。

(頻度) 約50例
(家系例) 約11報告例
(血縁関係) 4 報告
(責任遺伝子) *142461 Heparan sulfate proteolycan of basement membrane (HSPG2) <1p36.1>
(1) Schwartz-Jampel syndrome, type 1 (255800)
.0001 Schwartz-Jampel syndrome, type 1 [HSPG2, IVS64DS, A-G, +4] (RCV000016052) (Nicole et al. 2000)
.0002 Schwartz-Jampel syndrome, type 1 [HSPG2, CYS1532TYR] (rs137853248) (gnomAD:rs137853248) (RCV000016053) (Nicole et al. 2000)
.0006 Schwartz-Jampel syndrome, type 1 [HSPG2, IVS56DS, A-G, +4] (RCV000016057) (Arikawa-Hirasawa et al. 2002)
.0007 Schwartz-Jampel syndrome, type 1 [HSPG2, EX60/61 FUS] (RCV000016058) (Arikawa-Hirasawa et al. 2002)
.0008 Schwartz-Jampel syndrome, type 1 [HSPG2, 8544G-A ] (RCV000016059) (Arikawa-Hirasawa et al. 2002)
.0009 Schwartz-Jampel syndrome, type 1 [HSPG2, 9-BP DEL] (RCV000016060) (Arikawa-Hirasawa et al. 2002)
.0010 Schwartz-Jampel syndrome, type 1 [HSPG2, 7108-BP DEL] (RCV000016061) (Arikawa-Hirasawa et al. 2002)
(2) Dyssegmental dysplasia, Silver-Handmaker type (224410)
.0003 Dyssegmental dysplasia, Silver-Handmaker type [HSPG2, 89-BP DUP, EXON 34] (RCV000016054) (Arikawa-Hirasawa et al. 2001)
.0004 Dyssegmental dysplasia, Silver-Handmaker type [HSPG2, 7086G-A, +5] (RCV000016055) (Arikawa-Hirasawa et al. 2001)
.0005 Dyssegmental dysplasia, Silver-Handmaker type [HSPG2, 10328C-T] (RCV000016056) (Arikawa-Hirasawa et al. 2001)

*HSPG2 (heparan sulfate proteoglycan 2): genome 115,066 bp, Minus strand, 4391 aa, 468830 Da
 Exons: 97, Coding exons: 97, Transcript length: 14,327 bps, Translation length: 4,391 residues
・基底膜の不可欠な構成成分で, 他の分子の安定化や巨大分子への子宮外透過性や細胞接着に関与する
・固定した負の静電気に責任があり, 荷電選択的限外濾過特性に関与する
・細胞への接着基質として働く
・HSPG2遺伝子は perlecan タンパクをコードする
3つの長いグリコサミノグリカン鎖 (heparan sulfate または chondroitin sulfate) が接着したコアタンパクからなる
・perlecan タンパクは大きなマルチドメイン proteoglycan で, 多くの細胞外基質成分と細胞表面分子と結合し交叉連結する
 → laminin, prolargin, コラーゲン IV型, FGFBP1, FBLN2, FGF7 および Transthyretin などと相互作用し, 多くの生物学的活性で必須の役割をもつ
・perlecan は, 血管の細胞外の鍵となる成分で, 内皮バリア機能の維持を助ける
・平滑筋細胞増殖の潜在的インヒビターで, 血管ホメオスターシスの維持を助けると考えられる
・成長因子 (FGF2 など) 活性を促進し, 内皮細胞と再生を刺激する

(ノート)
●(#) は, 劣性の Schwartz-Jampel 症候群1型 (SJS1) は 1p36 にあるperlecan (HSPG2; 142461)遺伝子の変異が原因なため

●Silverman-Handmaker 型異分節性異形成 (DDSH; 224410)は, より重症表現型をもつアレリック疾患である

●新生児 Schwartz-Jampel 症候群 2 型 (SJS2; 601559)は, Stuve-Wiedemann 症候群 (STWS)としても知られ, より重症表現型をもつ遺伝的に別疾患である
 5p13 の LIFR 遺伝子 (151443) 変異が原因である

臨床症状
●Aberfeld ら(1965) は, 明らかな進行性疾患の兄妹例を記載
 低身長, 筋強直性ミオパチー, 骨端軟骨のジストロフィー, 関節拘縮, 眼瞼裂狭小, 異常な耳介, 近視, 鳩胸が特徴
 同じ同胞は以前に Schwartz and Jampel (1962) により報告されていた (眼瞼裂狭小に注目して)
 Aberfeld ら(1970) および Aberfeld (1979) をみよ
●Mereu ら(1969) は, 血縁関係のない兄妹例を記載
●Huttenlocher ら(1969)は, 兄妹例を記載し, Na と K の至適勾配を維持できない膜の異常を主張した
 異常な筋K低値があった
 Procainamide 治療が筋機能を補助した
 著者らは, Na と K の適当な勾配を維持できない膜異常であると主張した

●Van Huffelen ら(1974) は, 両親と患者兄弟に筋強直性筋電図異常を発見した
●Pavone ら(1978) も, 患者2例の母で筋電図異常を発見した
●Moodley and Moosa (1990) は, 3人の南アフリカ人を報告した
 1人は筋緊張をもっていなかった
 筋緊張の欠損は文献で推測するより多いかもしれないと推測した

●Pinto-Escalante ら(1997) は, 女性の一卵性双生児例を記載
 趾と関節に軽微な違いがみられた
 両者とも重度の小頭と以前に報告されていないX線所見 (小さな頭蓋骨, 頭蓋と顔面の比率のちがい, 調和のとれない骨成熟) があった
 一卵性双生児の最初の例であるといわれた

●Giedion ら(1997) は, 81例の報告例と自験例5例での臨床およびX線所見をレビューし, あきらかな亜型を証明した
 筋緊張による軽微な骨変化の群
  筋緊張をもつ原発性骨異形成の群は, この群には発症年齢, 臨床経過, 骨変化のパターンに差があった
 暫定的に type 1A, type 1B, および type 2 に分類した
  SJS type 1A は, 通常小児期に気付かれ, 中等度の骨変化を伴う
        オリジナルなSchwartz and Jampel (1962), と Aberfeld ら(1965) が相当する
  SJS type 1B は, type 1A に類似するが, 出生時に Kniest dysplasia (156550)に類似する著明な骨異形成をもつ
  SJS type 2 は, 出生時に死亡率の増加と Pyle diseaseに似た骨異形成をもつ
 Giedion ら(1997) は, SJS type 2 の同胞2例をもつ家系で, 1p36.1-p34 に連鎖しない証拠を示した

●Spranger ら(2000) は, 以前に Kniest 異形成に類似する小肢性軟骨異形成 (245190), kyphomelic dysplasia (211350), および Burton 症候群 (245160)の例として記載された4例を記載した
 その後の検索でSchwartz-Jampel 症候群の診断が明らかとなった
 著者はSchwartz-Jampel 症候群はKniest-様の軟骨異形成, 先天性大腿骨および脛骨湾曲と短縮, 小口, 小顎そしておそらくすぼめ口の顔貌をもつ新生児はSchwartz-Jampel 症候群を疑うべきだと結論した
 臨床的に類似するが遺伝的に別の疾患である Stuve-Wiedemann 症候群との鑑別診断は, STWS が高い死亡率をもつので重要である

その他の特徴
●Viljoen and Beighton (1992) は, 広範な記載をおこない, 悪性高体温症が麻酔時での潜在的致死的合併症であると指摘した

●Stephen and Beighton (2002) は, Schwartz-Jampe 症候群の男児1例で, 小さな口と側頭下顎関節拘縮のため, 抜歯と口腔ケアの困難性を報告した
 全身麻酔は, 悪性高体温症の傾向があるため危険で, 挿管は頸部の短さと拘縮, および喉頭サイズが小さいため困難であった
 歯嚢胞のX線学的証拠が, 新しい観察としてみられた

遺伝
●Beighton (1973) は, またいとこ結婚両親間の2同胞例を報告
●Ferrannini ら(1982) は, 2兄弟例を報告し, 妹, 母, 母方祖母に軽い疾患がみられたので, 常染色体優性遺伝を推定した
 これはヘテロの症状かもしれない

マッピング
●Nicole ら(1995) は, ホモ接合体マッピングにより, SJS 座を 1p36.1-p34のD1S199 と D1S234の間の8cMに決定した
 人種の異なる家系例でも同じ座に連鎖を示した (チュニジアと南アフリカ)
 さらに, アルジェリアの1家系も 1p36.1-p34 に連鎖を示した
 連鎖の異質性は発見されなかった

分子遺伝学
●Nicole et al. (2000) は, SJS1 3家系の患者で, HSPG2 遺伝子のホモ接合体変異を証明した (例, 142461.0001; 142461.0002)

●Stum et al. (2006) は, SJS1 23家系35例で遺伝子全体に分布する22の新しい変異をもつ, 25の異なる HSPG2 変異を証明した
 患者線維芽細胞での, HSPG2 mRNA と perlecan 免疫染色の解析は, 低形態性の機能喪失効果を示した
 創始者変異は証明できず, 遺伝子型/表現型相関はみられなかった

●Arikawa-Hirasawa et al. (2002) は, Stevenson (1982) と Spranger et al. (2000)が報告した患者で, HSPG2 遺伝子の 7 kb 欠失を証明した (142461.0010)

歴史
●Pascuzzi ら(1990) は, 父と息子例を記載し, 常染色体優性を推定した
●Spaans (1991) は, 上記例に偽常染色体優性か UPD があうかもしれないとコメントした
 しかし, Giedion et al. (1997) は, Pascuzzi et al. (1990) が記載した疾患は SJS ではないと主張した

(ノート 2)
●Schwartz and Jampel (1962) は, 成長遅滞, 骨軟骨異形成, 安静時の連続性筋強直, および顔面異常が特徴の症候群を記載した
 同じ小児が Aberfeld ら(1965, 1971)により報告された
 早期の症例は Catel (1951)の症例である
●約90例がその後報告されている

●本症候群は常染色体劣性遺伝である
●同胞例あり
(Al-Gazali LI 1993, Al-Gazali LI ら 1996, Brown KA ら 1997, Cormier-Daire V ら 1998, Ferrannini E ら 1982, Gellis S, Finegold M 1973, Gripp KW ら 1996, Huttenlocher PR ら 1969, Mereu TR ら 1969, Pavone L ら 198, Van Huffelen AC ら 1974)
●両親の血縁の報告
(Al-Gazali LI 1993, Al-Gazali LI ら 1996, Ben Becher S ら 1992, Brown KA ら 1997, Gripp KW ら 1996, Pavone L ら 1978, Saadat M ら 1972, Topalglu H 1993) have been noted. The neonatal form is especially common in the United Arab Emirates (Al-Gazali LI 1993, Al-Gazali LI ら 1996)
●父息子例が報告されている (Nicole S et ai 2000)
 しかし, これは UPD の結果かもしれない (Spaans F 1991)
●筋電図異常が患児の両親で発見されている (Pavone L ら 198, Van Huffelen AC ら 1974)
●一卵性双生児例が報告されている (Pinto-Escalante D ら 1997)
●HSPG2 遺伝子は 1p26-p34 にマップされている
(Fontaine B ら 1996, Fox SA 1966, Fowler WM Jr ら 1974, Gellis S, Finegold M 1973, Giedion A ら 1997, Gripp KW ら 1996, Horan F, Beighton P 1975, Hunziker UA ら 1989, Huttenlocher PR ら 1969, Kirschner BS, Pachman LM 1976, Kozlowski K, WiseG 1974, Mereu TR ら 1969, Milachowski K ら 1982, Mollica F ら 1979, Moodley M, Moosa A 1990, Nicole S ら 1995)
●変異は基底膜の主要なプリテオグリカンである perlecan で発見される (Nicole S et ai 2000)
 しかし, 遺伝的異質性があるようにみえる
(Cao A ら 1978, Giedion A ら 1997)
 1B 型はこの領域にマップされない

●大多数の症例は後期乳児期に提示される (1A型) (Edwards WC, Root AW 1982, Farrell SA ら 1987)
 しかし, 相当数が新生児期に明らかとなる (1B 型と 2型)
(Aberfeld DC ら 1965, Cao A ら 1978, Edwards WC, Root AW 1982, Fowler WM Jr ら 1974, Horan F, Beighton P 1975, Huttenlocher PR ら 1969, Rosignoli R, Zanini F 1983, Seay AR, Ziter FA 1983)
 2型は生後2-3週内に食餌摂取障害, 窒息または呼吸困難をもつ
(Al-Gazali LI 1993, Al-Gazali LI ら 1996, Cao A ら 1978, Fowler WM Jr ら 1974, Huttenlocher PR ら 1969)

顔貌
●顔貌は通常出生時正常であるが, 通常1-3歳で臨床的に認知できる
 新生児期に記載されている (Farrell SA ら 1987)
 その後顔面筋の強直がつまんだような, または氷ついた笑みを生じる
  すぼめた口唇と外眼角の内方偏位による狭い瞼裂をもつ
 眼瞼下垂, 小顎および短頸が明らかである


●眼瞼下垂に加え, 眼瞼痙攣, 眼瞼裂狭小, 近視が約50%にみられる
 少数では, 先天性白内障が観察されている

筋骨格
●身長は10パーセンタイル以下である (Spaans F 1990)
●股関節運動制限は通常生後6か月以内に明らかであるが, まれに出生前発症がある (Farrell SA ら 1987)
●歩行はよたよた歩行となり, 固い股関節と膝関節およびかがんだ肢位による進行性に困難となる
●小児は容易に疲労する
●腱反射低下がある
●閉塞性睡眠時無呼吸がある (Cook SP, Borkowski WJ 1997)

●骨格変化には, 本症候群の型により, 鳩胸, 後側弯, 腰部前腕, 脊椎扁平, 臼蓋低形成を伴う長骨基部短縮, 重度の内反股, 扁平足, 骨減少がみられる
●長管骨は2型で骨端不規則性と骨幹端拡大を伴い湾曲するかもしれない
(Giedion A ら 1997, Kozlowski K, WiseG 1974, Milachowski K ら 1982, Viljoen D, Beighton P 1992)
●まれに頸部後弯が顕著かもしれない

●Giedion ら(1997)は, 86例を調べ, 3つの型があると結論した
(1) 1A 型は古典型である
 小児期に認知され, 軽度の骨異形成のみを示す
(2) 1B 型は出生時に明らかである
 X線的には Kniest 異形成に類似する
 重度の呼吸器および食餌障害のため予後不良である
(3) 2 型は出生時に明らかであるが, 大腿骨は Pyle 病に類似する
 2型は 1p36.1-p34 にマップされない
 2型は Stuve-Wiedemann 症候群と同じであるというよい証拠がある (Cormier-Daire V ら 1998, Superti-Furga A ら 1998)

●冷たい飲料での窒息と軽度の筋肥大が早期発症型で早期小児期に記載されている
(Aberfeld DC ら 1971, Mereu TR ら 1969)
●挿管の困難性が論じられている (Farrell SA ら 1987, Huttenlocher PR ら 1969, Viljoen D, Beighton P 1992)
●衰弱は顕著な特徴ではない
●筋緊張症は一定した特徴であるが, Moodley and Moosa (1990) は筋緊張症をもっていない小児1例に気づいた
 反復性強直は筋緊張を減少させる
 安静時に連続性筋線維活動がある
 異常な放電は, 神経よりむしろ神経筋接合部の筋成分, おそらく筋鞘膜起源であると示唆されている
(Fowler WM Jr ら 1974, Spaans F 1990)
●連続性反復性放電はクラーレにより廃絶されるので, 真性筋緊張はない (Fowler WM Jr ら 1974)
●麻酔での悪性高体温症で死亡するかもしれない (Seay AR, Ziter FA 1983, Viljoen D, Beighton P 1992)

その他
●高音の声と中等度の全身性多毛が報告されている
(Aberfeld DC ら 1965, Al-Gazali LI 1993, Mereu TR ら 1969, Pavone L ら 198, Pfeiffer RA ら 1977, Van Huffelen AC ら 1974)
●精神遅滞が25%で観察されている
●筋緊張は流涎と不明瞭な言語となるかもしれない

口腔
●口唇はとがり, すなわち, 口囲筋が強直している
●口蓋は高口蓋である

鑑別診断
●顔貌はある程度頭蓋手根骨足根骨異形成に類似している
●Marden-Walker 症候群の表現度とある程度のオーバーラップがある
●安静時の連続性筋強直は Isaacs-Mertens 症候群, stiff-man 症候群, およびその他の疾患でもみられる
●先天性筋緊張症は, 筋強直性ジストロフィー, 優性および劣性の先天性筋緊張症, 先天性パラミオトニア, その他の疾患でみられることがある (Aberfeld DC ら 1971)
●無表情顔貌, 小口, 眼瞼裂狭小, 低身長および遠位関節拘縮を伴う常染色体優性疾患が報告されている
 難聴と口蓋裂がみられる (Gripp KW ら 1996)
●Spranger ら(2000) は Burton 病, 後弯四肢異形成および小肢性軟骨異形成は, Schwartz-Jampel 症候群のもとに包摂されるかもしれないと信じている

検査
●筋の電顕研究は一定しない所見を示す
●正常な年齢別瞼裂サイズの標準が確立されている (Fox SA 1966)
●Mollica ら(1979) は, Bおよび T細胞数の減少を発見した
●Ben Becher ら(1992) および Kirschner ら(1976) は IgA 値の低値に気づいた
●出生前診断が行われている (Hunziker UA ら 1989)

(文献)
(1) Catel W: Differentialdiagnostische Symptomatologie von Krankheiten des Kindesalters, 2nd ed, Thieme, Stuttgart, 1951, pp 48-51
(2) Schwartz O, Jampel RS; Congenital blepharophimosis associated with a unique generalized myopathy. Arch Ophthal 68: 52-57, 1962
(3) Aberfeld DC et al. Myotonia, dwarfism, diffuse bone disease and unusual ocular and facial abnormalities (a new syndrome). Brain 88: 313-322, 1965
(4) Huttenlocher PR et al. Osteo-chondro-muscular dystrophy. A disorder manifested by multiple skeletal deformities, myotonia, and dystrophic changes in muscle. Pediatrics 44: 945-958, 1969
(5) Mereu TR et al. Myotonia, shortness of stature, and hip dysplasia. Am J Dis Child 117: 470-478, 1969
(6) Aberfeld DC et al. Chondrodystrophic myotonia: report of two cases: myotonic dwarfism, diffuse bone disease, and unusual ocular and facial abnormalities. Arch Neurol 22: 455-462, 1970
(7) Beighton P: the Schwartz syndrome in southern Africa. Arch Neurol 22: 455-462, 1970
(8) Aberfeld DC et al: Chondrodystrophic myotonia: Report of two cases. Arch Neurol 22:455-462, 1971
(9) Aberfeld DC et al. Chondrodysrophic myotonia. Monogr Hum Genet 6: 189, 1972
(10) Saadat M et al: Schwartz syndrome: Myotonia with blepharophimosis and limitation of joints. J Pediatr 81 :348-350, 1972
(11) Beighton P. The Schwartz syndrome in southern Africa. Clin Genet 4: 548-555, 1973
(12) Gellis S, Finegold M: Schwartz-Jampel syndrome. Am J Dis Child l 26:339-340, 1973
(13) Fowler WM Jr et al. The Schwartz-Jampel syndrome: its clinical, physiological and histological expressions. J Neurol Sci 22: 127-146, 1974
(14) Kozlowski K, WiseG: Spondylo-epi-metaphysealdysplasiawithmyotonia A radiographic study. Radiol Diagn (Berlin) 15:817-824, 1974
(15) van Huffelen AC et al. Chondrodystrophic myotonia: a report of two unrelated Dutch patients. Neuropaediatrie 5: 71-90, 1974 (case 1)
(16) Horan F, Beighton P: Orthopaedic aspects of the Schwartz syndrome. J Bone Joint Surg Am 57:542-544, 1975
(17) Kirschner BS, Pachman LM: IgA deficiency and recurrent pneumonia in the Schwartz-Jampel syndrome J Pediatr 88: 1060-1061, 1976
(18) Pfeiffer RA et al. Das Syndrom von Schwartz-Jampel (myotonia chondrodysplasia). Helv Paediatr Acta 32: 251-261, 1977
(19) Cao A et al. Schwartz-Jampel syndrome: clinical electrophysiological and histopathological study of a severe variant. J Neurol Sci 35: 175-187, 1978
(20) Pavone L et al. Schwartz-Jampel syndrome in two daughters of first cousins. J Neurol Neurosurg Psychiat 41: 161-169, 1978
(21) Aberfeld DC: Chondrodystrophic myotonia versus Schwartz-Jampel syndrome. Ann Neurol 5: 210, 1979
(22) Mollica F et al: Immunodeficiency in Schwartz-Jampel syndrome. Acta Paediatr Scand 68: 133-135, 1979
(23) Scaff M et al. Chondrodystropic myotonia: electromyographic and cardiac features of a case. Acta Neurol Scand 60: 243-249, 1979
(24) Pavone L et al: Immunologic abnonualities in Schwartz-Jampel syndrome. J Pediatr 98:512, 1981
(25) Edwards WC, Root AW: Chondrodystrophic myotonia (Schwartz-Jampel syndrome): report of a new case and follow-up of patients initially reported in 1969. Am J Med Genet 13: 51-56, 1982
(26) Ferrannini E et al. Schwartz-Jampel syndrome with autosomal-dominant inheritance. Europ Neurol 21: 137-146, 1982 (case 1)
(27) Milachowski K et al: Das Schwartz-Jampel Syndrom. Z Orthopad 120:657-661, 1982
(28) Stevenson, R. E. : Micromelic chondrodysplasia: further evidence for autosomal recessive inheritance. Proc. Greenwood Genet. Center 1: 52-57, 1982
(29) Rosignoli R: The Schwartz-Jampel syndrome. Description of a case with neonatal manifestations and a review of literature. Minerva Pediat 35: 509-513 , 1983
(30) Seay AR, Ziter FA: Malignant hyperpyrexia in a patient with Schwartz-Jampel syndrome. J Pediatr 93:83-84, 1983
(31) Cruz Martinez A et al. Bilateral carpal tunnel in childhood associated with Schwartz-Jampel syndrome. Muscle Nerve 7: 66-72, 1984
(32) Kuriyama M et al. Schwartz-Jampel syndrome associated with von Willebrand's disease. J Neurol 232: 49-51, 1985
(33) Farrell SA et al. Neonatal manifestations of Schwartz-Jampel syndrome. Am J Med Genet 27: 799-805, 1987
(34) Valieferinghen P et al. Relevance of muscular studies in early diagnosis of Schwartz-Jampel syndrome. J Genet Hum 35: 243-250, 1987
(35) Hunziker UA et al. Prenatal diagnosis of Schwartz-Jampel syndrome with early manifestation. Prenatal Diag 9: 127-131, 1989
(36) Moodley M, Moosa, A. Chondrodystrophic myotonia (Schwartz-Jampel syndrome) in South African children. Neuropediatrics 21: 206-210, 1990
(37) Pascuzzi RM et al. Schwartz-Jampel syndrome with dominant inheritance. Muscle Nerve 13: 1152-1163, 1990
(38) Spaans F: Schwartz-Jampel syndrome: Clinical, electromyographic, and histologic studies. Muscle Nerve 13:516-527, 1990
(39) Spaans F: Schwartz-Jampel syndrome with dominant inheritance. Muscle Nerve 14: 1142, 1991
(40) Ben Becher S et al: Le syndrome de Schwartz-Jampel. Arch Fr Pediatr 49:799-802, 1992
(41) Viljoen D, Beighton P. Schwartz-Jampel syndrome (chondrodystrophic myotonia). J Med Genet 29: 58-62, 1992
(42) Al-Gazali LI: The Schwartz-Jampel syndrome. Clin Dysmorphol 2:47-54, 1993
(43) Topalglu H: Improvement of myotonia with carbamazepine in three cases with the Schwartz-Jampel syndrome. Neuropediatrics 24:232-234, 1993
(44) Nicole S et al. Localization of the Schwartz-Jampel syndrome (SJS) locus to chromosome 1p34-p36.1 by homozygosity mapping. Hum Mol Genet 4 (9): 1633-6, 1995
(45) Al-Gazali LI et al: Neonatal Schwartz-Jampel syndrome: A common recessive syndrome in the United Arab Ermirates. J Med Genet 33:203-21 l, 1996
(46) Fontaine B et al: Recessive Schwartz-Jampel syndrome (SJS): Confirmation of linkage to chromosome 1p evidence of genetic homogeneity and reduction of the SJS Iocus to a 3-cM interval. Hum Genet 98:380-385, 1996
(47) Brown KA et al. Genetic heterogeneity in Schwartz-Jampel syndrome: two families with neonatal Schwartz-Jampel syndrome do not map to human chromosome 1p34-p36.1. J. Med. Genet. 34: 685-687, 1997
(48) Cook SP, Borkowski WJ: Obstructive sleep apnea in Schwartz-Jampel syndrome. Arch Otolaryngol Head Neck Surg 123: 1348-1350, 1997
(49) Giedion A et al. Heterogeneity in Schwartz-Jampel chondrodystrophic myotonia. Europ. J. Pediat. 156: 214-223, 1997
(50) Pinto-Escalante D et al. Identical twins with the classical form of Schwartz-Jampel syndrome. Clin. Dysmorph. 6: 45-49, 1997
(51) Cormier-Daire V et al. Clinical homogeneity of the Stuve-Wiedemann syndrome and overlap with the Schwartz-Jampel syndrome type 2. Am J Med Genet 78: 146-149, 1998
(52) Superti-Furga A et al. Schwartz-Jampel syndrome type 2 and Stuve-Wiedemann syndrome: a case for 'lumping.' Am J Med Genet 78: 150-154, 1998
(53) Nicole S et al. Perlecan, the major proteoglycan of basement membranes, is altered in patients with Schwartz-Jampel syndrome (chrondrodystrophic myotonia). Nature Genet. 26: 480-483, 2000
(54) Spranger J et al. Spectrum of Schwartz-Jampel syndrome includes micromelic chondrodysplasia, kyphomelic dysplasia, and Burton disease. Am J Med Genet 94: 287-295, 2000
(55) Arikawa-Hirasawa, E.; Le, A. H.; Nishino, I.; Nonaka, I.; Ho, N. C.; Francomano, C. A.; Govindraj, P.; Hassell, J. R.; Devaney, J. M.; Spranger, J.; Stevenson, R. E.; Iannaccone, S.; Dalakas, M. C.; Yamada, Y. : Structural and functional mutations of the perlecan gene cause Schwartz-Jampel syndrome, with myotonic myopathy and chondrodysplasia. Am. J. Hum. Genet. 70: 1368-1375, 2002
(56) Stephen, L. X. G.; Beighton, P. H. : Oro-dental manifestations of the Schwartz-Jampel syndrome. J. Clin. Pediat. Dent. 27: 67-70, 2002
(57) Stum, M.; Davoine, C.-S.; Vicart, S.; Guillot-Noel, L.; Topaloglu, H.; Carod-Artal, F. J.; Kayserili, H.; Hentati, F.; Merlini, L.; Urtizberea, J. A.; Hammouda, E.-H.; Quan, P. C.; Fontaine, B.; Nicole, S. : Spectrum of HSPG2 (perlecan) mutations in patients with Schwartz-Jampel syndrome. Hum. Mutat. 27: 1082-1091, 2006

*Fox SA: The palpebral fissure. Am J Ophthalmol 62:73-78, 1966
*Gripp KW et al: Extending the spectrum of distal arthrogryposis. Am J Med Genet 65:286-290, 1996

2010/10/05
2014/12/06 SNP
2018/08/04 RCV
2020/01/23 SNP